SEARCH

タグ: #取引所 の検索結果

2019/12/07 10:14

アメリカ、デジタル通貨発行の必要性[中国・欧州・日本]

アメリカ財務長官は「今後5年はデジタル通貨発行の必要性はない」と発言。中国・欧州・BRICS,アメリカ制裁対象国などでデジタル通貨発行や新たな決済システム構築の動きが見られる中、アメリカが今後どのようにデジタル通貨を扱っていくの関心が寄せられている。

2019/12/06 15:00

BUIDL、Securitizeの100%子会社に[ブロックチェーン]

国内ブロックチェーン企業BUIDLはアメリカ・サンフランシスコに拠点を持つSecuritizeの100%子会社となった。Securitizeは日本の複数企業から出資を受けている企業であり、国外ではCoinbase,Rippleなどからの資金調達にも成功している。

2019/12/06 10:02

Bitgate、一部サービス停止[東郷証券]

記事のポイント Bitgate、一部サービス停止 Bitgate親会社の東郷証券 国内の登録済み仮想通貨交換業者であるBitgate株式会社は同社サービス全般の内容を見直すべく、システム改修含めたその準備期間として12月 […]

2019/12/04 08:00

昨日(12/3)のニュースまとめ

昨日のニュースまとめ 東京大学、XRP Ledgerのバリデータ運用開始 出金詐欺OneCoin,サイト閉鎖 取引所Huobi,口座開設キャンペーン延長 Grin開発者、LTCにMimbleWimbleを搭載する計画 取 […]

2019/12/03 09:15

分散型取引所CryptoBrig、Waves閉鎖へ[DEXとその実態]

特定の管理者が存在しないとされている分散型取引所(DEX)の閉鎖・サービス停止が相次いでいる。「管理者が存在しないから法規制は関係ない」とされていたDEXだが、実際は法人によって運営されており、FATFによる国際的な法規制整備への動きが活発化した影響を受け自主的な閉鎖・停止の動きが見られているようだ。

2019/12/03 08:00

昨日(12/2)のニュースまとめ

昨日のニュースまとめ bitFlyer,暗号通貨XRP取り扱い開始[キャンペーン開催] 日本銀行金融研究会、暗号資産セキュリティをテーマとしたシンポジウム開催 取引所Huobi,中国国営ブロックチェーン業団体に加盟 ベネ […]

2019/12/02 15:30

CiphrTrace報告書,取引所の本人確認の実態[FATFのガイダンス]

コンプライアンス企業CIPHRTRACEは2019年第3四半期の暗号通貨資金洗浄報告書のなかで、現在取引所ランキング上位120でも約3分の1は本人確認に関して徹底されておらず、3分の2は本人確認に関する原則が欠如していると指摘した。FATFのガイダンスでは[トラベルルール]と呼ばれる業者間での利用者情報取引が義務付けられている。銀行ではこの情報取引はSWIFTがこのネットワークとして機能しているが、暗号通貨業界にそういった存在はない。各業者での体制構築が求められている。

2019/12/02 11:30

JVCEA、統計情報更新[証拠金取引への規制の動き]

一般社団法人日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)は最新の統計情報を更新した。国内では暗号通貨の証拠金取引が盛んに行われているが、これに対して「利用者保護」のために証拠金倍率上限を引き下げようとする動きが見られている。税制が変わらないまま規制強化に動くことで投資家にとっては厳しい環境となっていくことが予想されている。

2019/12/02 09:14

韓国取引所Upbit、内部犯行も視野に入れ調査

韓国メディア[韓国日報]は同国取引所Upbit(アップビット)で起きた約53億円相当のイーサリアム流出事件について、内部犯行の可能性も含めて調査が進められていることを報じた。同国では現在、利用者保護のための法規制整備に動いており、今回の事件を受け基準がさらに厳しくなることが懸念されているが、同事件が内部犯行によるものであればさらにこの可能性は高まるのではないかと懸念されている。

2019/12/02 09:00

bitFlyer,XRP取り扱い開始[キャンペーンも同時開催]

国内登録済み仮想通貨取引所bitFlyerは、暗号通貨リップル(Ripple/XRP)を取り扱うことを発表した。同取引所での上場に関して情報漏洩がなかったことなどが評価されている。

2019/11/30 11:30

取引所IDAX、運営者行方不明で資産凍結[出口詐欺か]

中国取引所IDAXは同取引所運営者が行方不明となり、連絡がつかない状態であり、コールドウォレットにアクセスできないことを発表した。同取引所の動きに対して出口詐欺の可能性と強化された中国での規制から逃れるために運営関係者が逃亡した可能性が挙げられている。

2019/11/30 09:33

Zaif Payment、再開へ

国内暗号通貨取引所Zaif(ザイフ)は2018年9月に起きた暗号通貨流出事件より停止していた暗号通貨決済サービス[Zaif Payment]を12月5日から再開することを発表した。

Follow Us

最新情報をお届け