SEARCH

タグ: #コインの森 の検索結果

2019/08/23 13:30

ビットポイント台湾、BPJを提訴[取引所]

仮想通貨交換業社である株式会社ビットポイントジャパンが、台湾の同社合弁会社[ビットポイント台湾]に損害賠償を求め提訴されることが明らかとなった。ビットポイント側は、まだ訴状の送達を受けておらず具体的な回答はできないとしているが、今後の事業展開に不透明感が強まったことから同社の親会社であるリミックスポイントの株は売り圧力が強まっている。

2019/08/23 11:30

スマホ決済サービスを安全に利用[キャッシュレス]

国内では現在、数多くのスマートフォン決済サービスが存在しており、これを利用する方も増えつつある。そうした中で大手企業によるサービスであっても、乗っ取り事件など不正利用問題が起きていることから、利用をためらう人も出てきている。サービスは利用してみたいが、安全に利用するにはどうしたらいいのか。どのような点に注意すればいいのかを説明させていただく。

2019/08/23 09:33

インド最高裁、中銀に対し対応処置命令[不明瞭な法規制]

インドの最高裁判所は、同国中央銀行であるインド準備銀行(RBI)に対して、現在行われている暗号通貨禁止措置の最高について、適切な方法で応じるように命令した。同国では暗号通貨に関する明確な見解ないままに、RBIによる一方的な禁止措置が取られたことに対する裁判が行われている。

2019/08/23 08:00

昨日(8/22)のニュースまとめ

昨日のニュースまとめ 取引所Gemini,オーストラリアでのサービス提供開始 Tether社、新たに人民元を担保にしたステーブルコイン[CNHT]の発行計画 アメリカ財務省、麻薬取引に関与したBTCアドレス公開 コインチ […]

2019/08/22 17:00

テックビューロ社、交換業廃業[顧客への返金手続き]

テックビューロ株式会社は仮想通貨交換業の廃業と顧客への資産返金を発表した。同社はすでに取引所Zaifをフィスコへ譲渡しているほか、2018年9月にZaifで起きた暗号通貨流出事件発覚時に、テックビューロの現在の経営陣が退任する方針、フィスコへの事業譲渡発表時には交換業を廃業する方針を示していたことから、市場へ与える影響は少ないとみられている。

2019/08/22 15:04

コインチェックでIEO事業検討[国内取引環境に変化も]

マネックスグループ株式会社は、同社子会社であり、国内仮想通貨交換業者であるコインチェック株式会社においてIEO事業の検討を開始したことを発表した。国内取引所では海外と比べて取り扱い通貨が少なく、取引の選択肢が少ない環境となっているが、コインチェックでIEO事業が展開されることで、そういった制限の多い国内環境に変化を与えるのではないかと期待されている。

2019/08/22 12:00

Binance,新たな暗号通貨プロジェクト[LibraとVenus]

世界的大手暗号通貨取引所であるBinance(バイナンス)は、法定通貨を担保としたステーブルコインとデジタル資産の開発を目的とした新たなプロジェクト[Venus()ヴィーナス]の提供の準備が整ったという発表を行った。FacebookによるLibraと類似しているものの、Venusでは暗号通貨関連の開発・利用が主目的となっている。

2019/08/22 11:30

Tether社、新たなステーブルコイン[CNHT]発行計画

取引所Bitfinex(ビットフィネックス)の株主であるZhao Dong氏は、同取引所の姉妹企業であるTether社が、新たに中国のオフショア人民元を担保としたステーブルコイン[CNHT]を発行する計画であることをChainNewsに語った。準備金不正利用問題などで注目を集めるTether社が新たに発行するとしているCNHTは、市場にどのような影響を与えるのか。

2019/08/22 09:31

[Decurret]暗号通貨で電子マネーチャージ可能に[ポイント交換も予定]

記事のポイント Decurret、新たなサービス提供開始 電子マネーチャージサービス ポイントとの交換も予定 国内仮想通貨交換業者である株式会社ディーカレットは、同社が運営する取引所[Decurret]において、暗号通貨 […]

2019/08/21 07:30

昨日(8/20)のニュースまとめ

昨日のニュースまとめ シンガポールの暗号通貨協会、資金洗浄対策等のガイダンス公表・意見募集 世界銀行、2度目となるブロックチェーン債券の発行 ドイツ、金融企業に対しSTOプラットフォームの提供許可 取引所BitMEX、ア […]

2019/08/20 18:40

SBI,地域独自電子通貨発行支援

SBIホールディングス株式会社は、同社と同社グループ投資先である株式会社Orbが開発を支援した福岡県宗像市における地域通貨「常若(とこわか)通貨」が2019年8月23日より提供開始されたことを発表した。

2019/08/20 17:30

ドイツでSTOプラットフォームの認可

ドイツの金融サービス企業[BLACKMANTA CAPITAL PARTNERS]は、ドイツ連邦金融監督庁(BaFin)からセキュリティトークンオファリング(STO)のプラットフォームを提供する許可を得たことを発表。2029年第4四半期にプラットフォームを立ち上げる予定であることを明らかにした。

Follow Us

最新情報をお届け