ICO、1sat上場って何? 新規参入のトークンに、上手に投資する方法(後編)

Sisinn interview ico2

(前回の記事はこちら

satoshi上場は「適正な価格」での購入チャンスがある

アッピィICO規制によって、国内団体からも増えてきそう1satoshi上場(通称:1sat上場)ですが、指針さんはこれに関してはどうお考えですか? 

指針:新規トークンの価格を決める上で、非常にフェアなやり方なのかな、と思います。
よくICOで資金の募集がされてますが、だいたいにおいて、その価格の説明がつかないという問題があります。例えば、150円などで売り出していても、その価格の明確な根拠を示すことは難しいと思われます。
その一方で、1satoshi上場では、あらかじめ1satoshiで配布されたトークンに対する市場ニーズが、そのまま価格に反映されます。純粋に需要と供給によって価格が形成されるので、上場の仕方としては適正な方法ではないでしょうか。 

アッピィ:確かに、価格形成という意味では、トレーダーにとってフェアなやり方な気がしますね。今後、日本企業発の「1satoshi上場」は増えてくると思われますか? 

指針:日本企業の場合、現行の状況ではICOは基本的に不可能です。そのため、法令が整備されないと、国内でICOによる新たな仮想通貨が生まれることはないと思います。
1sat上場に関しては、結局のところ海外法人を絡ませて立ち上げる必要があるため、どちらが正しいというのは言いづらいですが、1satoshi上場であれば、がんばれば短期間で立ち上げることができます。日本のベンチャーによる1satoshi上場は、今後も出てくるのではないでしょうか。

 

ICO1satoshi上場で気をつけたいこと 

アッピィ:やはり、今後も1satoshi上場は要チェックということですね! では、ICO1satoshi上場などの「新規登場トークン」を売買する際に、どのようなことに気をつけるべきでしょうか。

指針:新規トークンのメリットとしては、市場でまだ売買されていないトークンを、世間が気づいていない状態のときに入手できることがあげられます。そのトークンの「実際の実力」がもっと上にあれば、安いうちに購入することで大きな利益を得ることができます。
その一方で、リスクが高いという側面もあります。いわゆるscam(スキャム)トークンも、やはり少なくありません。

アッピィ:純然たるハイリスク・ハイリターン投資ですね。では逆に、scamではないトークンであれば、ハイリターンは確定、と思っても大丈夫なのでしょうか? 

指針:そうとも言い切れないですね。特にICOの場合は、「資金凍結期間」にも注意が必要です。例えばICOでは、お金を入れてから半年後にトークン配布、といったケースや、配布後はしばらく売買不可、というケースも少なくありません。そうした場合は、「投資した分のBTCやETHが、その期間中は動かせない」ことになります。

アッピィ:な、なるほど。けっこうなリスクがありますね…。でも、そのトークンが倍になれば、とりあえず利益は出ますよね。

指針:現在の仮想通貨市場では、「半年で倍のBTC価格になりました」といっても、必ずしも勝ったとは言い切れない可能性があります。その半年の間に、そのほかの仮想通貨でトレードしていれば、もっと利益を出せていた可能性もあるわけです。「時間的に考えると負けている」というリスクも、頭の片隅に止めておきましょう。

アッピィ:投資した後に、そのトークンが上場割れしてしまったら元も子もないですもんね…。 

指針2017年末は、ITバブルのときと同じように、ICOが乱立しすぎてしまい、玉石混交の状態になっていました。ここに拍車をかけて、200万だったBTC価格が現在80万程度になっているため「ICOは儲からない」というイメージがついて、一時的に下火になってしまっています。
しかし、現在立ち上がっているICO1sat上場トークンは、現在のBTC価格で売り出されている、ということも考慮に入れたいところです。現在の価格で投資したトークンは、トークン自体の価値の上昇に加えて、BTC価格の上昇も見込めるため、市場が高騰してきた際には面白いことが起こるかもしれません。

 

coinexchange
>>コインエクスチェンジの口座開設はこちら

binance
>>バイナンスの口座開設はこちら

指針が語る、新規登場トークンの選び方は? 

アッピィ:やはり、今年もヒトヤマきそうな匂いがしますねー。では、新規トークンの選び方のコツはありますか? 

指針:やはり株式投資と同じで、プロジェクト自体の好き嫌い、というポイントはあると思います。やはり自分が「応援したいな」と思えるプロジェクトに投資することをお勧めしたいですね。
例えば、コインパーティーでも紹介したOSAは、派手な試みではないですが、「将来的に物流や小売を本気で変えるかもしれない」といった視点で投資をする、というようなイメージです。 

アッピィICO1sat上場は「資金調達」だから、「短期的に儲けたい」というだけが動機だけだと、どうしてもイナゴ化してしまいますもんね。

指針:短期で儲けたい場合は、色々な分野がある中で自分にあったものを選びつつ、その開発団体が「どこに上場するか」というところに目を向けたいですね。上場先が「力のある取引所」かどうかも、そのトークンの成長にとって重要です。また、上場した後にどのようにマーケティングをしていくのかも、値動きに大きく左右します。いわゆる、セカンダリーマーケットというものですね。

アッピィ:上場した後にも、価格上昇を見込める要素がないと、買い手がつかないわけですからね…。

指針:こればかりは、ネット情報だけだと難しいので投機的な要素が出てきます。ただ「上場しました。はいどうぞ」というだけで、新たな要素が出てこないと、その後の価格上昇は難しいんです。
ICOの場合、上場前から申し込んでいる人たちがいるわけで、ICO価格から1〜2割ほど価格が上がったら、ドッと売りが入ってしまいます。それに対してロックアップがどういった感じで設けられているのか、といったこともチェックしましょう。 

アッピィICOからの上場の場合は、売りたいトレーダーがすでにいるわけですもんね。

指針ICOによっては、ファンドと契約しているものもあって、自動売買のボットを使って取引の流動性を高めて、価格が上がりやすいように調整している場合もあります。

アッピィ:たまに少額で取引がどんどん制約されること、ありますよね! あれってそうだったんだ…。

coinexchange
>>コインエクスチェンジの口座開設はこちら

binance
>>バイナンスの口座開設はこちら

すごいICOは、人脈が違う

アッピィ:指針さんからみて、すごいICOは何が違うんでしょうか?

指針ICOに資金を投入する際は、運営のメンバーにも注目していますね。OSAの場合の小売業界など、そのトークンがターゲットとしている業界の中で、メンバーに力があるか、ということがまず一点。それから、「仮想通貨市場の中でネットワークを持っている人が関わっているか」というのがもう一点です。
例えば、現在「eスポーツ」向けのトークンを提供する「ChiliZ」というプラットフォームが注目されています。この開発元の代表にAlexandre Dreyfus氏は、マルタにビルを持っていて、そのビル内にBinanceOKexがオフィスを構えている、と言われています。それを裏付けるように、ChiliZのスポンサーとしてBinanceとOKexの子会社にあたるOK Blockchain Capitalが名を連ねているんですよね。こうした関係性を見ると、ChiliZがどの取引所に上場するか、想像できてしまいますよね。 

アッピィ:BinanceOKexのオフィスを握っているトークンの開発元とか…。仮想通貨界隈も、こうしたナマナマしい人間関係があるんですね。 

指針:仮想通貨業界は、やはりすごく狭いので、色々な人との繋がりがあります。そういうのが意外と左右していますね。

アッピィ:日本ではまだ市場が開いていないeスポーツですが、世界ではどんどん進んでいるんですね。

指針:世界的には非常に伸びている市場なので、ぜひ注目してみては^-^
海外では、ニンテンドースイッチにも提供された「Fortnite バトルロワイヤル」(Epic Games)などが人気ですが、日本企業では、コナミが「ウイニングイレブン」シリーズで参入に向けて頑張っているようです。仮想通貨だけではなく、eスポーツ関連の株も、合わせてチェックしてみてくださいー。 

アッピィICO1sat上場では、市場や株の選択肢も含め、やはり総合的な視野が必要ですね。みなさんも、この上昇気流をうまく乗りこなしましょう!


(了)

Follow Us

最新情報をお届け