NEMはSymbolでここが新しくなる!モザイク制限編

200626 014 670x200

こちらで解説しましたように、NEMとSymbolでは様々な用途でモザイクという独自のトークンを発行することができます。モザイクはに誰もが自由に発行することができ、基本設定では誰とでも送受信することができますが、特に事業用途のモザイクであればそれを制限したい場合もあるでしょう。Symbolのモザイク制限を使うことで、モザイクの発行者は誰がどのモザイクをやりとりできるか?を制限することができます。これは主としてSTO(Security Token Offerings)のために調整された機能となりますが、その他の用途にも応用が効く機能です。例えば、こんな用途はどうでしょう?伝説のクソゲー「たけしの挑戦状」が遂にSymbolブロックチェーンVRゲームで続編リリースされました!XYMでゲーム内アイテムを購入したり、またその購入したアイテムを他のユーザーと交換するためには、ユーザーが18歳以上であるか確認する必要があります。ゲーム内アイテムはすべてSymbolブロックチェーン上で発行されたモザイクがベースとなっています。キヨシはゲームアイテムを購入するため、運営会社AにKYC(本人確認)を行いました。運営会社Aはゲーム内で購入可能なすべてのデジタルアイテム(モザイク)にキヨシのSymbolアカウントからの購入許可と、購入したデジタルアイテムを他のKYC済みのユーザーと交換ができるよう設定しました。キヨシは根っからの廃課金ゲーマーかつ人気Youtuberなので、デジタルアイテムの購入やユーザーとの交換が促進され、運営会社Aは儲かるし、Symbolのトランザクションも潤ってハーベスターも儲かりました。今度は「さんまの名探偵」の続編が運営会社Bよりリリースされました。こちらはSymbolブロックチェーンスマホゲームです。運営会社AとBがコラボキャンペーンを行い、「たけしの挑戦状」のカラ...



つづきを読む

関連記事

Follow Us

最新情報をお届け