Losing the Hoodie: Crypto Fashion Gets Loud and Proud In New York

20180511 114438 1

※この記事は自動翻訳した内容を使用しています。



「Blockchain を作るスタイリッシュな再び、、それが私のモットーです」。
だから 2 日間のイベントの最終交渉の一つの中にイン クイーンズ、ニューヨーク、第三エーテル サミットの司会をからかいました。彼は出席者に質問恥ずかしい技術について持つかもしれない彼らを求めていた。
ジョセフ ・ リュバン、ファウンダー兼 CEO のイベントのホスト、ConsenSys 倍に空間の外のそれらを持って来る方法として売りにしていた。アーティスト、ミュージシャン、起業家、企業経営者、政府活動家が通常群衆の中にブレンドし、は明らかだった。
イベントが起こった埋め立てガラス工場には、ジーンズと t シャツ (通常暗号会社名やそれらのロゴの付いたもの) のシェアがありますが、いくつかは、少なくとも、Zuckerberg フーディーを超えて移動しているようです。コロラド州の時折水しぶきがあった.




"Make blockchain stylish again, that's my motto."
So quipped the emcee of the third Ethereal Summit in Queens, NY, during one of the final talks of the two-day event. He'd been asking attendees to ask embarrassing questions they might have about the technology.
Joseph Lubin, founder and CEO of event host ConsenSys, had touted the occasion as a way to bring those outside the space into the fold. Artists, musicians, entrepreneurs, enterprise executives and government activists all blended with the usual crowd, and it was obvious.
While the reclaimed glass factory where the event took place has its share of of jeans and T-shirts (typically ones with crypto company names or logos on them), some at least seem to have moved beyond the Zuckerberg hoodie. There were occasional splashes of colo...



つづきを読む

関連記事

Follow Us

最新情報をお届け