フィスコの特徴を解説!Zaifと提携した仮想通貨取引所「FISCO」とは?

Coinews 20181107 main 001

2018年9月に発生した国内取引所Zaif(ザイフ)ハッキング事件の後、ザイフを救済して話題になった仮想通貨取引所「FISCO(フィスコ)」。

本記事ではフィスコの特徴について解説します。

[aside type="boader"]Zaifハッキング事件について詳しくは下記記事をご参考ください。
[kanren postid="4212"][kanren postid="4541"]
[/aside]





仮想通貨取引所「FISCO」(フィスコ)の特徴!

取り扱い通貨 - 6種類の通貨を取引できる!

[table id=4695-001 /]
[table id=4695-002 /]

フィスコでは、3種類の通貨と3種類のトークンの合計 6種類 の通貨を取引することができます。

また、国産の仮想通貨として人気のある「モナコイン」の取り扱いがある数少ない取引所の1つでもあります。
[aside]補足

フィスココイン(通貨単位:FSCC)株式会社フィスコが株主向けに発行。
カイカコイン(通貨単位:CICC)株式会社カイカが発行。
ネクスコイン(通貨単位:NCXC)株式会社ネクスグループが発行。

[/aside]

FISCO(フィスコ) 公式サイトはこちら

今回提携した「ザイフ」は取扱通貨の種類も豊富だった為、フィスコも今後は通貨種類増加の期待が持てます。

また従来のザイフでは中央集権的な「XRP」は取り扱わない方針でしたが、もしかしたら今後のフィスコでは「XRP」(リップル)や「XEM」(ネム、ゼム)等の取扱も開始してくれるかもしれません。

FISCO(フィスコ) 公式サイトはこちら

フィスコの手数料
取引手数料は税込「0.1%〜0.3%」!
[table id=4695-003 /]
ビットコインキャッシュのみ「0.3%」で、...



つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け