理研、文科省と連携しスパコン[富岳]活用したコロナ対策へ

G 5


記事のポイント

理研、文科省と連携しスパコン活用したコロナ対策へ
国産スーパーコンピュータ[富岳]

理化学研究所(理研)は文部科学省と連携し、新型コロナウイルス対策として次世代の国産スーパーコンピュータ[富岳(ふがく)]を活用した研究を開始することを発表した。開発・整備と上ではあるものの、現在求められている診断・治療・感染拡大防止など化学を基盤とした対応を速やかに実行する助けとなることが期待されている。
 
理研、文科省と連携しスパコン活用したコロナ対策へ
4月7日、理化学研究所(理研)は文部科学省と連携し、新型コロナウイルス対策として次世代の国産スーパーコンピュータ[富岳(ふがく)]を活用した研究を開始することを発表した。富岳はまだ開発・整備の途上ではあるものの新型コロナウイルスの脅威から、可能な限り計算資源を関連研究開発に供出すべきとして、文部科学省が決定する研究開発の実施課題に対して、富岳の計算資源を開発・整備に支障がない範囲で優先して供出、実施される研究開発に...



つづきを読む

関連記事

Follow Us

最新情報をお届け