仮想通貨規制のないモルドバ共和国、新たに取引所とトークンが誕生

Moldva eyecatch




仮想通貨の波は、東欧モルドバ共和国にも着実に広がりつつある。モルドバ共和国とは旧ソビエト連邦に属していた国であり、従来から東西の政治経済の中継地としての役割を担っていた。
モルドバ国内の仮想通貨コミュニティは、この流行を反映させ、新たにモルドバ発の仮想通貨取引所とトークンが開発されたと発表。さらに、間接的ではあるが中央銀行からの認可も得ているとのことだ。
目次1 取引所は10種の仮想通貨と8種の不換紙幣を取り扱う2 中央銀行(NBM)が仮想通貨に対する見解を軟化3 東欧諸国での動き
取引所は10種の仮想通貨と8種の不換紙幣を取り扱う
取引所の「Drachmae Market」では近日中にまず、10種の仮想通貨の取引を行うそうだ。その中にはビットコイン (BTC)やビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム (ETH)などの先駆的な仮想通貨に加え、Zozoコインや、Drachmae MarketのトークンDTMIなど、モルドバ発行のトークンも含まれる。
さら...



つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け