メタップス、取引所事業から撤退[変化する法規制]

W 2


記事のポイント

メタップス、取引所事業から撤退
UPSIDEのこれまでとこれから
ブロックチェーンへの投資は継続
法規制やセキュリティ環境の変化による動き

株式会社メタップスは、2017 年より積極的に投資を行ってきた韓国子会社における暗号資産交換所事業の撤退を含む事業ポートフォリオの見直し、及び注力事業の絞り込みを実施することを発表した。国際的に法規制整備が進むとともに求められるセキュリティ水準も上昇傾向にある。これに対し安定した収益を得ることが難しい企業や安定したサービスを提供することが困難と判断した企業による事業撤退が相次いでいる。
 
メタップス、取引所事業から撤退
2月14日、株式会社メタップスは、2017 年より積極的に投資を行ってきた韓国子会社における暗号資産交換所事業の撤退を含む事業ポートフォリオの見直し、及び注力事業の絞り込みを実施することを発表した。メタップスは東京都新宿区西新宿に本社を構えるIT企業であり、東証マザーズに上場している。こうした大手...



つづきを読む

Follow Us

最新情報をお届け