NEMはSymbolでここが新しくなる!ネームスペース編

200626 012 670x200

NEMとSymbolには「ネームスペース」というドメインのようなものを作り、取得したアドレスやモザイクにリンクすることで命名することができます。NEMではモザイクを取得するにはまずネームスペースをレンタルすることが必須でしたが、Symbolではその必要がなくなりました。Symbolでは、こちらのモザイクの解説にて発行されたように、デフォルトではモザイクは「7282D5025F3E7807」といった文字列で作成されます。とてもわかりにくいですね。ネームスペースは、そのモザイクという暗号資産に任意の名前を付けることで認識しやすくすることができます。また、ネームスペースはあなたのアドレスや他者のアドレスにリンクすることもでき、長いアドレスに任意の名前を付けることで送信や管理をしやすくすることもできます。百聞は一見に如かず、実際にウォレットでネームスペースをレンタルしリンクする方法を見ながら理解を深めてみましょう。
まずはルートネームスペースという親のネームスペースをレンタルします。「iron_man」というものをレンタルしてみます。レンタル期間は30日から365日の間で決めます。期間によりレンタル料が変わります。期間中の延長申請も可能で、うっかり有効期限を過ぎてしまった場合でも、期限切れから30日間は延長ができます。それを過ぎると他の人がそのネームスペースをレンタルできるようになりますので気を付けましょう。
トランザクションを送信し、無事レンタルできました。
ネームスペースは子そして孫までレンタルすることができます。「iron_man」に「mark1」というサブネームスペースを作ります。レンタル期間は親(ルートネームスペース)に順じます。
トランザクションを送り、「iron_man.mark1」というサブネームスペースが出来ました。
レンタルしたネームスペースはリンク(エイ...



つづきを読む

関連記事

Follow Us

最新情報をお届け