ダークウェブで暗号通貨アカウント販売提案[犯収法違反]

C 6


記事のポイント

ダークウェブでアカウント売買
暗号通貨取引に必要なアカウント情報
犯罪の温床となっているダークウェブ

京都府警は千葉県銚子市西小川町の会社員、石原翔容疑者を犯罪収益移転防止法違反の疑いで逮捕した。京都府警を含む13府県警はダークウェブに関する集中取り締まりを行っており、今回含めて2018年11月以降全国で計20人を摘発している。
 
ダークウェブでアカウント売買
2月25日、京都府警は千葉県銚子市西小川町の会社員、石原翔容疑者を犯罪収益移転防止法違反の疑いで逮捕した。逮捕容疑は2018年5月17日にダークウェブ掲示板[オニオンちゃんねる]に暗号通貨交換のためのアカウント情報を販売すると書き込み、取引に必要なIDやパスワード、他人名義のアカウント情報を約2万円で売ると書き込んだ疑い。容疑者は容疑を認めている。
京都府警を含む13府県警は2018年11月以降、匿名性の高いインターネット空間(ダークウェブ)での犯罪に関する全国初の集中取り組みを開始。府県警だ...



つづきを読む

関連記事

Follow Us

最新情報をお届け