中国、暗号資産取引に関する注意喚起

D 6


記事のポイント

中国、暗号資産取引に関する注意喚起
取引情報の改ざん
規制から逃れる業者の危険性

中国インターネット金融協会は暗号資産取引やそれに関連する投機行為に参加しないよう注意喚起を行った。法定通貨や既存の電子マネーのように金融機関やサービス提供企業の影響を受けないという「安全性」を有している暗号資産だが、金融機関や企業による保証を受けられないという「危険性」も有していること。規制を回避する業者のサービスを利用するということは、規制によって保護されないということ、その危険性を理解することが重要である。
 
中国、暗号資産取引に関する注意喚起
4月2日、中国インターネット金融協会は暗号資産取引やそれに関連する投機行為に参加しないよう注意喚起を行った。同協会は中国人民銀行(PBOC)と連携している自主規制団体である。同協会はここ最近の国際金融市場の価格変動から「仮想通貨は金や銀を超えた安全資産」であると主張し、暗号資産取引を勧誘する行為が行われているとした。しかし、...



つづきを読む

関連記事

Follow Us

最新情報をお届け